ツネは生後2ヶ月の時に家族の一員になりました。
柴犬とスピッツ系のミックスだったので、風貌が「オオカミ」にそっくりでした。

仔犬の頃からプライドが高く、自己主張の強い性格をしていました。
その為、生後6ヶ月になる前から、自分の気に入らないことをされると牙をむき、飼い主を狂暴的に噛むことが度々あり、そのつど病院に通いました。

いろいろな本を読んで実践してみましたが、「野性本能」の強いツネにとっては逆効果でした。
このままではツネとの共同生活が今後ますます難しくなると思ったので、「問題行動専門しつけ教室」を開いている京都警察犬学校へお願いすることにしました。

飼い主が一日で「しつけ方法」が修得できる約5時間の『集中訓練一日コース』を受けました。
修了後、「飼い主に対する優位性攻撃行動」が、一日で劇的に改善できました。

特に攻撃されそうなとき、「ダウン」が出来たことによって、「オオカミのルール」に沿った「主従関係」が成立したようです。その結果、自然と自分の立場を悟り、従順になり、顔の表情が穏やかになりました。

険悪だった関係が日々改善され、日常生活が平穏に戻りました。犬を育てるという責任・真の愛犬家とはどういうことか?「犬の心理学」と「オオカミの心理学」を通じて、色々と勉強させていただきました。

それによって、ツネとの心の交信がスムーズになり、信頼関係が生まれ、野性の気持ちに寄り添う真の心の絆を結ぶことが出来ました。

先生のおかげで、ツネが14歳で天寿を全うするまで、かけがえのない愛犬の命を守ることができ、悔いのない楽しい日々を過ごすことが出来ました。

これからも一頭でも多くの犬達が、飼い主の家族として、共に暮らせる手助けをしてあげてください。
本当にありがとうございました。